若ハゲの治療

全ての人が同じ方法では発毛できない

 

若ハゲを治療する際に大切なことは、育毛ではなく抜け毛を防ぎ発毛させることです。育毛サロンなどでも抜け毛を予防したり、薄毛の進行を遅くさせることができるかもしれませんが、新しい髪を発毛させる治療は専門的なクリニックをおすすめします。日本人男性の抜け毛や薄毛の原因のほとんどはAGA(男性型脱毛症)が原因と言われていて、AGAの症状を抑制することで男性の毛髪に関する悩みを解決することが出来ます。AGAの主な原因としては、遺伝や男性ホルモンの影響が大きく、生活習慣や仕事によるストレス等もAGAの原因の1つであると言われています。

 

AGA簡単チェック

 

最近、抜け毛が気になる

 

友達に薄くなった?と聞かれたことがある

 

頭頂部のボリュームがなくなった

 

部屋で抜け毛を見ることが多くなった

 

排水口が髪で詰まることがよくある

 

人と視線を合わすのが苦痛

 

 

 

AGAはどんな症状なのか?

 

ヘアサイクルという言葉を聞いたことはありますか?髪には成長期・退行期・休止期という髪が成長してから抜けていくまでの一定のサイクルがあります。このサイクルのことをヘアサイクルといいいます。
ヘアサイクルが正常な場合、薄毛で悩むことはありませんがAGAのように男性ホルモンなどの影響でヘアサイクルが乱れてしまうことで本来は成長するはずの髪が抜けてしまうことで頭髪が育たなくなってしまいます。AGAは発毛治療専門のクリニックや病院でなければ治療することができません。主にAGAの治療方法は内側と外側からのアプローチで治療をしていきます。発毛に有効な成分を内服していくため、治療前に血液検査などの診断が必要になってきます。

 

 

おおまかな治療までの流れ

 

無料カウンセリングの予約

 

治療の内容や治療費などの説明、担当スタッフによるカウンセリング
             
ここまでは無料なので、これから治療をするかどうかを検討できます

 

初診
診察⇒血液検査

 

 

再診
血液検査などの結果を考慮し治療を進めていきます

症状別の治療法

 

AGA治療

 

内服薬の治療で早い人は2ヶ月ぐらいで発毛を実感でき、1年後には約99.6%の方が発毛を実感しています。ただし、発毛には欠かせない毛母細胞が寿命を迎えている場合にはAGA治療ができません。この場合、育毛剤なども効果はありません。AGA治療が早期治療を勧められる理由が毛母細胞の寿命と関係していて、毛母細胞が寿命を迎えると同時に内服薬での発毛は不可能になります。

 

植毛治療

 

AGA治療が手遅れでも発毛させることができる方法が植毛です。カツラとは違って、メンテナンス費用もかからず自毛で自然な髪型を再生することができます。AGAの進行を抑止する内服薬も毛母細胞が寿命を迎えていて治療ができないケースでは薄毛の部分に発毛させる方法として植毛がおすすめです。

AGA治療が手遅れでもできる治療法

 

毛母細胞の寿命で内服薬(AGA)治療ができない方でも発毛させることのできる唯一の方法が自毛植毛です。自毛植毛は、後頭部や側頭部など、薄毛になりにくい箇所の毛を薄い部位に移植する手術のことで、以前からおこなわれている「人工毛植毛」とは違い施術後の拒絶反応がない上に定生着率が非常に高い方法です。なんといっても定着した毛は半永久的に生えてくるというメリットがあり、性別・年齢に関わらずどんな薄毛の症状でも対応できます。

 

 

 

薄毛治療の発毛率93%以上のクリニック

 

 

TOMクリック

 

AGA治療と自毛植毛の2種類の治療が可能で他のクリニックからの来院も多い。自毛植毛とAGA治療を組み合わせたTOMクリニックオリジナル治療が魅力の1つ。

 

増毛実感コース4.167円(税抜)/月

 

万一、髪が生えてこない場合は返金保証制度もあります。

 

 

無料カウンセリング実施中!

 

メディカルローン(医療分割)の利用可能!

育毛薬の副作用

 

育毛薬のメリットといえば脱毛を抑制するための有効成分をダイレクトに吸収するることができるというところです。効果を実感するまでの期間は人により異なりますが、ほとんどのケースで効果を感じているという体験が多いのが特徴です。

 

 

若年男性(若ハゲ)の抜け毛の場合、男性ホルモンの影響が大きく、症状を軽減させるためにクリニックでは内服薬を処方しています。AGAの症状を改善し発毛を促していくには内服薬は欠かせませんが、薬を使用していくうえで気になることが副作用ですね。特に効果の期待できる内服薬として、ミノキシジル・プロペシア(フィナステリド)があげられますが、効果と同時に副作用が不安で使用できないという方も多いですが、実際には副作用の確率としては2%未満ですので医師との相談で不安は解消できるとおもいます。

 

そもそも、プロペシア・ミノキシジルなどは育毛薬として開発されたわけではなく、ミノキシジルは、血圧降下剤として開発され、その後に発毛効果があることが分かり処方されるようになりました。フィナステリドも前立腺肥大症の薬として開発されているときにフィナステリドを服用している際に発毛したということから、治療薬として処方されるようになりました。こうした、治療薬も今では病院での診察なしで個人で購入することができるように
なり、海外からの個人輸入を利用することで簡単に取り寄せることができますが、処方箋なしでの使用は安全性から考えてもおすすめできません。

 

 

主な副作用

 

プロペシア服用での副作用では頭痛や腹痛、倦怠感などがありますが、副作用の中でも注意しないといけないものが男性機能の低下(ED)です。
ミノキシジル服用での副作用は血管を拡張することによる心臓・血管への負担多毛症などがあげられます。

 

 

ネットで調べてみると上記のような副作用だけが目に付き不安になりますが、AGA治療専門のクリニックで内服薬を処方する際には、処方前に血液検査などの診断があり、人によって処方も変わります。検査のけ結果使用をしない方が良いケースもあるようで、専門のクリニックで処方されることで安心して服用できます。結論から言うと2つの内服薬は発毛効果が高く結果が出ているので処方されています。

 

 

 

 

その反面、何らかの副作用を感じるという人が多いのも事実です。育毛薬は個人輸入で手に入れることもでき、この場合は使用法や容量が自己責任になり副作用が起きやすくなります。

薄毛の予防と緊急度

薄毛予防の方法(コスト・効果・緊急度)低い

 

生活習慣…食事・睡眠などの生活習慣の見直しと改善
育毛アイテム…シャンプー・育毛剤・発毛剤・サプリメントを使用し脱毛の進行を遅らせる。

 

薄毛治療の方法(コスト・効果・緊急度)高い

 

AGA治療…毛母細胞が生きていていればAGA治療でヘアサイクルを正常に戻すことで発毛・毛髪の増加を期待できます。
AGAの治療効果…個人差はありますが3〜6ヶ月程度で効果があらわれます。

 

自毛植毛…既に毛母細胞が寿命を迎えAGA治療ができる毛母細胞の割合が少ない方のための薄毛治療。男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪を薄毛で気になる部分に毛根から移植する。移植といわれるとメスを使い大掛かりなイメージがありますが、メスを使わず移植ができてしまうi-directという頭皮に後が残らない植毛ができるクリニックもあります。

 

HARG療法自分の髪を再生させる最新の治療法。頭皮に細胞成長因子をそのまま注入する方法です。海外では多くの実績があり育毛や増毛の安全性は評価が高い。薄毛治療で気になる副作用・アレルギーをクリアしている。

薄毛治療であれば予算と時間を考え治療していけば確実に発毛できるということがわかります。今まで沢山のチャレンジをされてきた方は一度、相談されることを強くオススメします!

 

 

 

薄毛治療カウンセリングのメリット

 

 

クリニックや病院の過去の治療実績や安全性が分かる

 

毛髪の状態(症状レベル)が分かり自分に合った治療が見つかる

 

料金や治療期間などの相談にのってもらえるので安心して治療を始めることができる

 

ちなみに、薄毛治療の相談は無料です!
治療や費用に関すること、効果についてもカウンセリングでしっかり質問をしておけば安心して治療を受けることができます。

若ハゲの悩み

 

若ハゲで恋愛や仕事に消極的になっていませんか?若ハゲが気になってくると、どうしても人の視線が気になって積極的に行動することができなくなってしまいます。
周りの友達に相談したところで、された方も困るだろうし、変に気を使われたりするのも嫌ですよね。何よりも相談するということに勇気が必要なことでもあります。そんなこともありどんどん自分に自信がなくなってしまうんですよ。こっそり育毛剤や育毛シャンプーを使って頑張ってみても目に見える効果を得られなければ絶望的です。

 

育毛剤や育毛シャンプーで満足のいく効果を得られなかったとしたら、その場合ただの抜け毛ではなくAGA(男性型脱毛症)かもしれません。男性の若ハゲの症状のほとんどがAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。髪が減るというのは見た目に自信を失ってしまう時期もありますが、恥じることではありません!無くなったものは取り戻せばいいんです。

 

育毛アイテムで症状が改善されていないとしたらAGAという脱毛してしまう病気なんです。私は、美容師という仕事がら髪のコンプレックスを解消し以前よりもパワフルに活動されていく方を多くみてきました。その分、深い髪の悩みを持った方とも接してきました。髪の悩みを持っている人には2パターンあって悩みを受け入れて上手に付き合っていく方と、克服していく方の2パターンがあります。ハゲを個性としていくのも素晴らしことですし、克服し自信を取り戻すことも人生を変えるくらいのきっかけになるかもしれません。現在、若ハゲをコンプレックスに感じていて満足できる結果が得られていない状態であれば、1度無料カウンセリングを利用してみてください。

 

 

 

 

 

 

育毛は諦めも肝心です

 

薄毛予防の方法では、医学的な根拠のない方法も多くてあくまで予防という観点で取り組まなくてはいけません。例えば、薄毛やハゲに効く食品では海藻類がありますが、これは研究の結果毛髪に豊富なミネラルが含まれているためワカメや海藻類が薄毛やハゲに効果があるとされています。でも、髪が発毛する仕組みを見てみると毛母細胞が毛乳頭から栄養や酵素を受け取ることで細胞分裂が促進され髪の毛として成長していきます。この、毛乳頭に栄養を届ける働きをするのが血液になります。このことから、最低限のミネラルは血液をつくるために必要なので育毛に関係してくるかどうかといえば関係しているでしょう。

 

ただ、ミネラルを沢山とった方が髪は生えるというのはウソ!です。どちらかというと髪にツヤが欲しければ効果はあるかと思います。シャンプーに関しても育毛される土壌(頭皮)環境をよくしていくことで抜け毛を減らすという意味では使用していくシャンプーによって予防できる可能性はあるかもしれません。しかし、シャンプーによる育毛は疑問があります。なぜかというと、シャンプーの育毛成分が皮下組織である毛母細胞まで直にたどり着くことは考えにくいからです。育毛剤・発毛剤を使用しても本当に髪の毛のない頭皮から髪が生えてくることはありません。地肌にある産毛を成長させていくことで髪が増えたように思えることはありますが、発毛効果はありません。

 

 

もし、AGAの疑いがあり迷われているならまず相談です。
AGAの薄毛治療は早ければ早いほどコストも低く短期での結果が出やすいんです。
育毛シャンプーや育毛剤も頭皮の状態や相性によって効果は変わってきます。
当然、けっかを出すまで使い続ければ費用もかかってきます。
現在では、高価な育毛剤よりも費用をかけず、AGA治療をスタートできます。

 

まずは、今の自分の状態を知ることからはじめ結果のでる薄毛治療をしてみませんか?

 

 

 

若ハゲ対策でシャンプーや育毛剤を使ってきて効果がないとしたら、その方法での育毛は諦めてください!薄毛にそれ以上の投資は時間お金も無駄になってしまいます。シャンプーや育毛剤も効果が期待されるものになると年間のコストもバカになりません。私が『諦めが肝心!』というのには理由があります。もし、アナタがただの抜け毛ではなくAGA(男性型脱毛症)だったとしたらシャンプーや育毛剤の継続だけでは発症を遅らせたりすることができても発毛・育毛は期待できないということなんです。生活習慣からくる若ハゲなら、食事・睡眠・頭皮環境を整えることで改善されるので半年〜1年もあれば改善の手応えを感じられているはずです。しかし、AGAは生活習慣の改善や育毛シャンプー・育毛剤などの自助努力で改善するには限界があります。AGAは男性ホルモンが大きく関係していて、自分の力で男性ホルモンをコントロールすることが難しいからです。仮に育毛シャンプーや育毛剤で抜け毛を予防できても発毛させることができなければ、髪は戻ってきません。予防ではなく発毛させることを希望するならばクリニックや病院での薬などをもちいた治療をするべきです。

 

 

私は10代後半から20代後半まであらゆる育毛系のシャンプーや育毛剤を販売者が指示する期間、使用してみましたが抜け毛が減ることはあっても髪が増えることはありませんでした。このような体験をしている方も多いのではないでしょうか?まず、若ハゲや薄毛で悩みはじめたら最初にすることは、原因を知ることです。現時点で、食事・睡眠・頭皮環境の改善を1年以上していて改善の手応えがないとしたら、AGAだと考えて間違いないとおもいます。AGAの進行が遅いうちに治療を受けることでコストも治療のスピードも変わってきます。

 

AGAかどうかの判断が自分では難しい場合は、クリニックや病院で専門家に相談することがベストです。薄毛のことでクリニックにいくことに抵抗があるかもしれませんが、AGA治療の相談を利用し治療方法を考えている人は沢山います。薄毛に悩む男性は3人に1人と言われているぐらい多いようです。薄毛はデリケートな問題なので、個室や人の目が気にならない所で診断ができるので心配はいりません。まず、原因を知るということが最も効率的でコストも軽減できる大切なことなので一度相談してみることをおすすめします。

 

カウンセリングと言ってもそれだけで料金をとられるわけではないので、まずはAGAかどうかを確認し解決方法としてどのような治療薬が効果的で改善するまでに必要な費用がどれくらいなのか?など気になることを確認できます。全てを理解したうえで治療をするかどうかを考えていくことができます。勿論、治療しないという選択もあります。最近では、高価なシャンプーや育毛剤よりも毎月のコストが低価格で結果のでている治療方法をスタートできるクリニックもあり成功体験も沢山でています。

薄毛治療に本気で取り組む前に知っておくべき育毛業界のウソ・ホント

薄毛治療をされている方の人口は年々、増加傾向にあり、男性の3人に1人がAGAと言われています。
私が美容師をしていて15年以上、多くの人の髪と関わってきてよく相談される薄毛の悩みが下記になります。

 

 

 

薄毛の悩み5つの質問

 

 

どんな育毛方法がいいのか分からない?
自分に合った育毛方法を探すのは簡単ではありませんよね。ここで、大切なことが薄毛の進行状況です。現在、抜け毛が増えてきて心配な状態であればシャンプーや育毛剤を変えてみることで薄毛の進行を遅らせることはできるかもしれません。しかし、地肌が透けていたり明らかに薄くなっている状態であれば育毛剤や発毛剤で髪が生えることはありません。まずは、正確な自分の頭皮の状態を知ることから解決方法は見つかるので一度カウンセリングを受けてみることが一番の近道ではないでしょうか?
発毛剤で髪は増えるのか?
発毛剤というと髪が生えてくるイメージが強いとおもいますが、まったく髪のない(産毛もない)状態から発毛剤で髪が増えることはありません。現在、生えている髪や髪の成長段階である産毛に関しては養毛効果はあるでしょう。
薬は安全なのか
薄毛治療で使われるプロペシアなどの副作用の影響を心配される方も多いですが、クリニックや医療機関で取り扱われているものに関していえば問題はありません。しかし、個人で仕入れされる場合は粗悪品が横行していますのでき気をつけて下さい。
遺伝は諦めるしかないのか?
成人男性が男性ホルモンや遺伝が原因で髪が薄くなる症状をAGA(男性型脱毛症)といいます。AGAの症状には、生え際が後退していたり頭頂部(てっぺん)が薄くなるなどの症状があります。食生活のバランスが崩れていたり、睡眠不足や喫煙などの生活習慣がAGAを進行させるといわれていて通常、男性ホルモンは男性をより男性らしくするために必要なホルモンなんですが、悪玉のホルモンに変換されてしまうと脱毛症がはじまります。AGAの場合、早めの治療をしなければ症状はどんどん進行してしまいます。成人男性の薄毛の全てがAGAということはないですが、不安であれば早い段階でのカウンセリングを受けることをオススメします。
今やっている育毛方法の見直すタイミングは?
今、試されている薄毛対策を3〜6ヶ月で変化が見られなければそれは変えるタイミングです。結果の出るものは遅くても6ヶ月である程度の実感はできるハズです。

 

 

薄毛の悩みは男女問わず深刻な問題で薄毛を改善するための方法やシャンプー・育毛剤にお金をかける人も増えてきているのが現状です。シャンプーや育毛剤という手の届きやすいものから試していくという流れがある中で本当に薄毛の効果が実感できている人は極少数というのが事実です。

 

一般的に薄毛を改善していくための優先順位はやはりコスト。
薄毛の症状の緊急度合いにより変わってきますが、大きく分けると『薄毛予防』と『薄毛治療』になります。
※緊急度については、症状が軽度であってもAGA(男性型脱毛症)で早期改善したい場合は緊急度は高くなります。